染料

ジーンズ色いろ

染料


    ジーンズ色いろ Top page
page-9




染色(染料)




   ジーンズの染めの基本は先染めです。染めには大きく分けて先染めと

  後染めのニつがあります。

  先染めと言われる中に、原綿そのものを染めるトップ染めや、糸を染める

  糸染めなどがあります。

  一方、後染めは、生地や製品を染めることを指します。捺染もそうです。

  ただし、顔料は染料と違うので、通常、染めという表現はしません。

  続いて、染料について大別してみます。

  もちろん綿を染める染料でということです。

  分散染料や酸性染料等は除きます。


  ただ、分け方で非常に難しいのは、例えば、綿糸をカチオンに改質すると、


 
  
綿にもともと染まらない染料でも、染められるようになります。

これを染めといえるのか、という疑問は残りますが、難しく考えずに、次に分けてみたい

と思います。

と言いますか、私しが使ったことがある染料を記述してみます。

スレン染料、硫化染料、インディゴ染料、反応染料、直接染料、ナフトール染料、蛍光染料

です。

そしてこの内、建染染料と言われているスレン・硫化・インディゴ、それからナフトール染料

がジーンズの経糸によく使われています。

他の反応・直接・蛍光染料は、生地や製品の段階でよく使われます。

もちろん建染染料は生地や製品の段階で使うこともありますが、インディゴ染色の

ような処方で染める場合は、とても特殊なケースとなります。

ただ、何と言ってもジーンズに使われている染料の使用量は、インディゴ染料が

ダントツで、次に硫化染料のブラックという順になります。

 ところで、スレン染料や硫化染料、反応染料や直接染料、ナフトールには、いろんな

色の染料がありますが、インディゴ染料は、ピュアインディゴ(=インディゴ染料)以外に、

RN、2Bと呼ばれるツヤインディゴ、それと、旧三井東圧が開発したインディゴイエロー

とインディゴレッド、インディゴブラックの数種類しかありません。

 余談ですが、ツヤインディゴは、ロープ染色でも使われますが、浴衣などに、注染と

いう技法で、よく使われているようです。

それと、カラーインディゴと呼ばれるインディゴイエロー、レッド、ブラック、それと、

ツヤインディゴは、いずれも、ピュアインディゴのように何度も繰り返し染めるという染法

は基本的にはとりません。

ただ、もともと染めの教科書は無いので、堅牢度さえ問題無ければ、同じ処方でも構わ

ないと思います。


 ここで、インディゴ染料以外の染料による染法に、少しだけ触れてみたいと思います。

先染めか後染めかによっても、また、染料によっても違いますが、大別すると二つに

分かれます。

 一つは、浸染と言われるものです。これはバッチ式ともいい、長時間、被染物を染め液

に漬けて染める方法のことを言います。

トップ染め、かせ染め、チーズ染め、製品染めなどが、これに該当します。

もちろん、生地も、この染法をとる場合があります。

ジッガー、液流と呼ばれている機械で染める場合に該当します。

 もう一つは、連続染色法ということになります。

パッドスチーム法、パッドドライ法、パッドドライスチーム法と、各工場で最良と思われる

方法で染めていきます。

主に、生地の染色に有効な染法ということになります。

因みに、ロープ染色も、この連続染色法ということになります。

 ジーンズ色いろ
 (はじめに) - page-1
 ジーンズの色
 ジーンズの製造工程
  綿の栽培
  糸の製造
  染色(染めのいろは)
  染色(染色機)
  染色(整経工程)
  染色(染料)
  染色(染色処方)
  染色(堅牢度)
  染色(排水処理)
  染色(分繊工程)
  糊付け(サイジング)
  織り(織布)
  整理加工
  縫 製
  洗い加工
 ジーンズ色いろ
 (染色のまとめ)
 私の考案した染色機械
  プロフィール



 
         すくも



前ページ ← → 次ペ^ジ
                  ジーンズ色いろ Top page へ

--- スポンサードリンク ---
          

Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved