織り

ジーンズ色いろ

織り


    ジーンズ色いろ Top page
page-15




織り(織布)



   織機と呼ばれている機械で生地を織り上げます。ご存知のように
   織りものは、ニットなどと違って、必ず、経糸と緯糸を交差させて、
   織られています。


            




スルーザー

また、ジーンズ用としては、3/1の(右、左)綾織りものが主流です。かなり厚地です。

           ←
左綾

因みに、このような厚地の生地を、デニムと呼びます。デニュームと言う人もいます。


織機もかなり頑丈にできています。初期のころは力織機と呼ばれ、幅も狭く小さい機械
でしたが、現在では、幅はもちろんですが、機械そのものも大きく、かつ、高速回転で、
織り上げることが可能になっています。

           ←
シャットル織機

 
因みに、デニム地を織る機械の代表的なものとしては、ドレーパーあるいはもっと

大掛かりでスルーザーという織機が挙げられます。このスルーザーは、一度に2幅分

織っていくことができます。

織布工場は、大抵これらの機械を導入しているようです。また、最近では、緯糸を送る

ときに空気圧を利用するエアージェットと呼ばれる織機も活躍しているようです。

これは前述の織機よりも、もっと高速で生地を織り上げていきます。

私が幼少の頃、この辺りは織布工場がたくさんありました。

ガチャコンガチャコンと、いつもこんな音を響かせていました。昔はガチャ万と言われ、

ガチャっと緯糸を叩く度に万札が稼げたようです。

いやあ、羨ましい話しです。

 ところで、100台以上スルーザーが稼動している工場に入ると、ガチャコンガチャコン

という軽い音ではなく、低音でドッドッドッドッと、何とも恐ろしい音を響かせています。

はじめて工場内に入った時は、住んでいる世界の違いに驚かされました。

 ジーンズ色いろ
 (はじめに) - page-1
 ジーンズの色
 ジーンズの製造工程
  綿の栽培
  糸の製造
  染色(染めのいろは)
  染色(染色機)
  染色(整経工程)
  染色(染料)
  染色(染色処方)
  染色(堅牢度)
  染色(排水処理)
  染色(分繊工程)
  糊付け(サイジング)
  織り(織布)
  整理加工
  縫 製
  洗い加工
 ジーンズ色いろ
 (染色のまとめ)
 私の考案した染色機械
  プロフィール



  
     スルーザー



前ページ ← → 次ペ^ジ
                  ジーンズ色いろ Top page へ

--- スポンサードリンク ---
          

Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved