染色の種類

ジーンズ色いろ

染色の種類

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(さ〜わ行) > 染色の種類

 アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の色 「ジャパンブルー」。 まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

染色の種類、せんしょくのしゅるい

abc
- スポンサードリンク -
染色の種類
染色の種類(せんしょくのしゅるい)には、綿(わた)を染める「トップ染め」、糸を染める「糸染め(ヤーン・ダイ)」、布(生地)を染める「反染め(ピース・ダイ)」、製品を染める「製品染め(ガーメント・ダイ)」などがあります。

また、もう少し細かくみると、被染物の素材(木綿、絹、羊毛、ナイロン、ポリエステルなど)やその形状などにより、染料の種類、染色機械の種類、染法(※参照)など、それぞれに適したものを選ぶ必要がでてきます。

染法には、手染め、機械染め、あるいは、浸染(バッチ式)、連染(連続染色)などがあります。

ちなみに、「トップ染め」は、糸になる前に染めること、「糸染め」は、先染め(さきぞめ)ともよく言われますが、糸そのものを染めること、「反染め」は、後染め(あとぞめ)と言われるものですが、織物(生地)になったものを染めること、「製品染め」は、字のごとく、ワッシャー(洗濯機)などで製品になったものを染めることで、これも「後染め」になります。

染色の種類を大別すると、織物(生地)になる前の「先染め」と、織物(生地)になってから染める「後染め」とに分けることができます。

ところで、ジーンズに使われている素材は、大抵、木綿(コットン)です。

綿糸の他にも、レーヨン(テンセル含む)やシルク/ウール混なども、ジーンズの素材として使用されることがあります。ただ、本来のデニムを使ったジーンズと言えるかどうか?

そこで、木綿(コットン)に染まる染料を列挙すると、インジゴ染料(ツヤインジゴ染料を含む)、スレン染料(インダンスレン染料)、硫化染料、ナフトール染料、反応染料、直接染料、蛍光染料(蛍光増白剤)などが挙げられます。

このうち、インジゴ染料、スレン染料のことを建染染料(たてぞめせんりょう)と言いますが、これは、染料を還元/溶解し、被染物を湿潤させた後、酸化させて、発色させるというタイプだからです。

ちなみに、硫化染料も、染料の酸化還元反応を利用して染色するものですが、この染料の場合は建染染料とは言いません。

ナフトール染料には、AS類(下漬け剤)とソルト類(顕色剤,あるいは上漬け剤)の2種類があり、これらを繊維上で結合させることによって発色させます。

反応染料は、ソーダ灰のようなアルカリを使用することによって、染料と繊維を化学結合させる染料タイプです。

種類には、常温タイプ、中温タイプ(60℃で染色)、高温タイプ(80℃で染色)の3種類があります。

補助的に、食塩や芒硝(ぼうしょう)などの塩を添加します。

直接染料は、その名の通り、補助的に使う塩のほかは不必要で、染料のみを染め液とし、90℃程度の温度で染色する染料タイプを言います。

蛍光染料は、蛍光増白剤とも呼ばれますが、より白く(純白に)見せたい時に使う染料(助剤)です。

ちなみに染料ではありませんが、布地(生地)にコーティングやプリントをするときに使われることが多い、「顔料」も木綿(コットン)の着色にはよく使われます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved