植物繊維

ジーンズ色いろ

植物繊維

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > 植物繊維

 アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の色 「ジャパンブルー」。 まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

植物繊維、しょくぶつせんい

abc
- スポンサードリンク -
植物繊維
植物繊維(しょくぶつせんい)とは、植物から得られる繊維のことで、主成分はセルロース(cellulose、多糖類の一つ)です。

その植物繊維には、次のようなものが挙げられます。

@ 種子に付着する種子繊維
木綿、カポック(kapok)など。

A 幹あるいは茎の表皮の内側にある靱皮繊維(じんぴせんい)
苧麻、大麻(ヘンプ)、葛、藤など。

B 葉脈繊維
マニラ麻、芭蕉など。

なお、これらの繊維は、アルカリに強いが、酸には弱いという性質があります。

カポックは、カポックの木の種子を包む綿毛状の繊維のことで、布団、クッション、救命袋などの詰め物、また印肉の基材に利用されます。
葛は、学名が「Pueraria lobata」で、この蔓は強靭であることから民具などを作るときの材料に利用されます。また、根は、葛粉(くずこ)にして菓子などに、さらに、葛根(かっこん)と呼ばれ、葛根湯などの漢方薬にも利用されます。
マニラ麻(アバカ)は、バショウ科に属するフィリピン諸島原産の大形多年草で、その葉鞘(ようしょう)からとれる強靭な繊維は軽くて、また耐水性があることからロープなどに利用されます。
芭蕉(糸芭蕉)は、バショウ科の大形多年草で、その葉鞘(ようしょう)から繊維を採り、布や紙に利用されます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved