「すくも」の製法

ジーンズ色いろ

「すくも」の製法

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > 「すくも」の製法

 アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の色 「ジャパンブルー」。 まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

「すくも()」の製法

abc
- スポンサードリンク -
「すくも」の製法
蓼藍(たであい)を使って藍染めをする場合、多くは、その蓼藍の葉藍(乾燥した藍草)を発酵させてつくった「すくも()」を用います。

この「すくも」は、黒茶色で脆(もろ)い塊ですが、これを臼でつき固めて、「藍玉(玉藍)」を作ります。

ちなみに、葉藍から「すくも」をつくる人のことを藍師と呼びますが、その製法には、長年の経験と勘が必要です。

かつて、藍師に「犬伏久助(いぬぶしきゅうすけ)」という人がいましたが、この人物は、当時、まだ未熟だった施水(注水)/発酵の技術を、大きく改良したことで知られています。

一般的な「すくも」づくりの工程は、次のようになります。

@ [施水、寝せ込み]
9月中旬に、「一番刈り」の葉藍に水をかけて、寝床に入れます。すると発酵が始まります。

A 万遍なく発酵がすすむように、施水(水師が行う)、また、篩い(ふるい)や切返しなどを行い、5回目の切り返しの時に「二番刈り」の葉藍を加えます。

B 12月初旬になりますと、発酵がほぼ終わりに近づきますので、肩あてをして、肌帯と上帯の縄を巻きつけ、上に圧石を置きます。

C 「すくも」が仕上がりますと、最初の葉藍の半分量になっています。これを臼でつくか、あるいは土練機を使って藍玉を作ります。

D 藍玉を適当な大きさに切って、俵に詰め、出荷します。

E 出荷前に、「すくも」の出来具合を確認(江戸時代は等級付け)するため、「手板法」という鑑定法でチェックを行います。

ちなみに、江戸時代、肥料に、鰯を干したもの「干鰯(ほしか)」、ニシンを干したものなどが使われていましたが、その肥料代は、なんと経費の4割に達していたそうです。

cba
- スポンサードリンク -

施水、寝せ込み 肌帯と上帯、圧石 藍玉づくり
【三木文庫】より


【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved