絞染め

ジーンズ色いろ

絞染め

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(さ〜わ行) > 絞染め

 アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の色 「ジャパンブルー」。 まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

絞染め、しぼりぞめ

abc
- スポンサードリンク -
絞染め
絞染め(しぼりぞめ)は、布の染め残す部分をつまみ、それを糸で堅く括ったり、巻き締めたり、針で縫ったり、などして染める技法、あるいはその染めたものを言います。

つまり、このように手を加えて染めた後、その糸をほどくと、布のところどころに染め残った部分が模様としてあらわれるというわけです。

もちろん、糸のほかにも、竹皮やビニール、あるいは染め残しができるような道具が使われます。

なお、この染色技法は古くから行われていて、奈良時代には夾纈(きょうけち)、臈纈(ろうけち)と並ぶ、三纈の一つでした。

平安時代には、括染め(くくりぞめ)、纈帛(ゆばた、ゆいはた=結い機)、目結(めゆい、目纈)、目染め(めぞめ)などと称され、盛んに染められていました。

その後、室町時代から江戸時代にかけて全盛となり、辻が花染めに多用されたり、また鹿子絞りが誕生したのもこのころです。

いずれにしても、この「絞染め」においては、布面にあらわれる立体感のある模様と、染料が滲んだ暈しのような輪郭が最大の特徴と言えます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved