インジゴの染色堅牢度

ジーンズ色いろ

インジゴの染色堅牢度

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(あ〜か行) > インジゴの染色堅牢度

 アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の色 「ジャパンブルー」。 まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

インジゴの染色堅牢度、せんしょくけんろうど

abc
- スポンサードリンク -
インジゴの染色堅牢度
インジゴ染料そのものの堅牢度(けんろうど)は、比較的強いようですが、インジゴ染料で染められたもの(糸、生地、製品)に対する染色堅牢度(せんしょくけんろうど)はあまり良くありません。

特に、日焼け(ひやけ=イエローイング)と汚染(おせん)については、問題が度々発生しています。

ただ、ほとんどのブルージーンズは十分に洗われた後、店頭に並びますので、救われるケースも多くあります。

とはいうものの、長期間、折りたたんだまま置いておきますと、大抵、折り目の部分が黄色っぽくなります。

もちろん、長期間経過したブルーデニムの生地でも、同様に折り畳んだ部分などが変色します。

余談ですが、ジーンズは基本的には、先染めの生地(織物)を使います。

つまり、経糸(たていと)がインディゴ染色された糸、緯糸(よこいと)が未染色(生成)のままの糸を使って織られた生地で縫製されたものというわけです。

ところが、たまに、緯糸にもインジゴ染料で染めた糸を使うケースがありますが、この場合、特に、下着等への汚染に注意する必要がでてきます。

また、インジゴ染色された糸を使って編まれたインジゴニットといわれるものも同様、特に注意が必要です。

インジゴ染料使いの後染め(あとぞめ=原反染め、反染め、生地染め、布染め)になるとなおさらです。

ブルーデニムは、基本的には、緯糸は未染色糸を使いますが、これは、下着への汚染を防ぐ一つの手段として生まれた生地とも言えます。

もちろん、緯糸を染めない分、経費も抑えられますが。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved