インジゴ染色

ジーンズ色いろ

インジゴ染色

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(あ〜か行) > インジゴ染色

 アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の色 「ジャパンブルー」。 まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

インジゴ染色、indigo dyeing

abc
- スポンサードリンク -
インジゴ染色
「インジゴ染色(indigo dyeing)」あるいは「インジゴ染め」は、一般的に、合成の「インジゴ染料」を用いた染色のことを言いますが、その「インジゴ染料」を使って染色する場合には、まず、「インジゴ染料」を還元して、染め液を作る必要があります。

その還元には、通常、「濃厚還元法(のうこうかんげんほう)」を用います。

なお、「インジゴ染色」の手順は、いくつかありますが、一般的な方法を記述します。

@ 水1gの中に、「インジゴ染料」60cと「苛性ソーダ」60cを加え、高温にして、十分に染料を分散させます。

A 温度を60℃にしてから、「ハイドロサルファイト」100cを加え、3〜5分間ほど、ゆっくり撹拌すると、飴色をした「濃厚還元液」ができます。

B 水10gの中に、「苛性ソーダ」5cと「ハイドロサルファイト」10cを加えて、脱酸素の処理を行ってから、Aでつくった「濃厚還元液」200mlを加え、染め液とします。

C 水分をしっかり含ませておいた布または糸を、堅く絞った後、広げてから、その染め液に浸けます。

D 1〜3分ほど経ったところで引き上げ、堅く均一に絞って、空気中に2〜3分ほど放置します。

E Dが染色の1プロセスになりますので、濃色を得る場合は、そのプロセス(D)の回数を増やしてやります。

F 染色が完了したら、しっかり水洗いし、堅く絞った後、広げてから乾燥します。

水に分散し難いようなメーカーの合成インジゴ染料を使用する場合は、予めアルコールやロート油で染料を練ってから使うようにします。
インジゴ染色でも、藍染めでもそうですが、布や糸を空気中で絞ると、その瞬間から酸化、つまり染料の染着、発色、固着が同時に起こります。よほど上手に均一に絞らないと染め斑(むら)ができてしまいます。なのでよく目にするのは、染色液から被染物を出した後、絞らずに、そのまま端っこを手で持つか、洗濯ばさみのようなものを利用して放置(酸化)するか、あるいは絞るとどうしても染め斑ができるので、あえて「絞り染め(斑染め)」にしてしまうといった方法をとっているようです。もちろん工業的には、このような絞り斑ができないようになども踏まえて機械化しています。
染色に使われる助剤(苛性ソーダやハイドロサルファイトなど)は、扱い方を誤ると、人体にとってとても危険なものとなりますので、使用上の注意事項をよく守り、間違いのない慎重な取り扱いが必要となります。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved