筒描き

ジーンズ色いろ

筒描き

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(さ〜わ行) > 筒描き

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

筒描き、つつがき

abc
- スポンサードリンク -
筒描き
筒描き(つつがき)は、糊染めの一つ(糊の置き方の一つ)で、「筒」、「筒引き」、「糊引き」、「糊描き」、「手糊」などとも呼ばれます。

これは、円錐形の筒に入れた糊で図柄を描いていくというものです。

すなわち、渋紙あるいは木綿布でつくった円錐形の筒の先端に口金を取り付けて、その中に糊を入れ、手でそれを絞りながら、布面に模様を描くようにして糊を置いていきます。

この技法がいつごろから始められたのかは不明ですが、江戸時代の茶屋染めや、のちの友禅染めには盛んに用いられています。

また、友禅染めのような繊細な模様の表現とは対称的に、大胆な柄でそれでいてのびのびとした雰囲気のあるものもあります。

例えば、藍染めによる半纏(はんてん、袢纏)、暖簾、風呂敷、布団、油単など。

※ 油単(ゆたん、油箪)とは、湿気や汚れを防ぐための箪笥(タンス、桐タンス
  など)や長持などの覆いのことで、単(ひとえ)の布あるいは油を引いた紙を
  指します。風呂敷や敷物などにも用いられていました。

※ 長持(ながもち)とは、衣服や道具類を保存しておくための蓋のある長方形
  の箱のことです。木製が多く、両端に金具がつき、棹を通して二人で担いで
  運搬もできます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved