天然染料

ジーンズ色いろ

天然染料

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > 天然染料

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

天然染料、てんねんせんりょう、natural dye

abc
- スポンサードリンク -
天然染料
天然染料(てんねんせんりょう、natural dye)は、自然界の動物、植物、鉱物などから分離し得られた色素を「天然色素(生体色素)」といい、その中で染材として利用できる色素を「天然染料(てんねんせんりょう、natural dye)」と言います。

この天然染料には、藍、紫貝のように建染染料(バット染料)に類するものや、紅、サフランのように直接染料に類するもの、茜(あかね)、コチニール、ログウッド、没食子(もっしょくし)のように金属媒染染料に類するものなどがあります。

但し、染液を採って浸して染めるいわゆる浸染法が行われる前は、天然の黄土、赤土、青丹や炭などの顔料を使って模様を描き染めにしたり、木の葉や花をそのまま布などに摺りつけ、色と形を染め出したりしていました。

例えば、山藍、杜若(かきつばた、燕子花)、露草、萩などがそれに該当します。

19世紀の中期に合成染料が登場するようになると、染色に使われる染料の大部分がその合成染料となり、天然染料は、手工芸品の染色としてのみに用いられるようになりました。

しかし、合成染料の中には、天然染料の主成分の化学構造を模倣(もほう)して合成されたものも多くあります。

例えば、インジゴやアリザリンレッドは、天然染料の藍や茜の主成分です。

ところで、天然染料といっても大部分は植物染料のことで、紫草、茜、鬱金(うこん)などの根、また蘇芳(すおう、蘇枋)、一位などの幹、桑、楊梅(やまもも)、黄蘗(きはだ、きわだ)などの樹皮、藍、刈安、茶などの葉、櫟(くぬぎ)、梔子(くちなし)の果実、紅花の花などが挙げられます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved