多摩結城

ジーンズ色いろ

多摩結城

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > 多摩結城

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

多摩結城、たまゆうき

abc
- スポンサードリンク -
多摩結城
多摩結城(たまゆうき)は、古くから養蚕(ようさん)と織物で知られる東京都の八王子市で織り出される御召のことです。

もともとは男物として、特に、明治から大正にかけて、盛んに織り出されていましたが、大正十二年の関東大震災や洋服の普及の影響から不況となり激減しました。

しかし、その後、女物の着尺地の開発に取り組み、昭和のはじめに絹セリ御召が織り出されるようになると、昭和四年に、それを改良した「多摩結城」が商品化され市場に送り出されていきました。

この「多摩結城」は、八王子の「多摩織」の技術の集大成として、当時、高く評価されました。

そして、今でもその技術が継承されつつ伝統工芸品として織り出されています。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved