ストーンウォッシュ

ジーンズ色いろ

ストーンウォッシュ

 ジーンズ色いろ トップページ > ジーンズ > ストーンウォッシュ

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

ストーンウォッシュ、石洗い

abc
- スポンサードリンク -
ストーンウォッシュ
ジーンズの洗い加工の一つ「ストーンウォッシュ(石洗い)」では、製品と一緒に、軽石、人口研磨石、セラミックスなどを入れて洗います。

そのため、これを行うことによって、製品が柔らかくなり、とても穿きやすくなります。

また、製品の表面に「アタリ」ができ、ジーンズ特有の表情(模様)があらわれてきます。

一般に、製品と一緒に入れる石の量は、製品重量に対して、あるいは企画により異なります。

石の量が増えれば、当然、色の脱落/アタリ感が激しくなりますし、製品の破れも目立つようになります。

また、石の種類によっても、色の脱落/アタリ感/製品の破れ具合が変わってきます。

ちなみに、石の種類について歴史的に言いますと、まず、河原の石から始まって、人口研磨石が使われるようになり(「ストーンウォッシュ」の呼称が定着)、

続いて、軽石が大量に使用され(ケミカルウォッシュが流行)、今では、セラミックスやゴムボール(バイオウォッシュの流行から使用)のようなものまで使われるようになっています

また、それぞれの石にはそれぞれの形状/大きさがあります。

例えば、人工研磨石には、三角形、四角形、星型、球形などがありますし、軽石には、大、中、小と、大きさが分けれています。

当然のことですが、これらを使用していくと小さくなっていきます。

この小さくなったものは、篩いにかけて取り除き、新しい石を補給してやりますが、ただ、新しい石には尖った部分がありますので、製品を投入する前に、一度、空運転をして丸みをつけてやるようにします。

ところで、このストーンウォッシュには、いくつかの問題点があります。

例えば、軽石を使うと、ポケットに大量の砂が残ります。
その為、ポケットから、その砂を取り除いてやる必要があります。

同時に、その大量に出てきた砂の処理をどうするかという問題が発生します。
つまり、排水処理の問題です。

特に、次亜塩素酸ソーダなどの薬品を併用している場合は、別途、処理設備が必要になるわけです。

また、ケミカルウォッシュと同様、通常より頑丈な専用の洗濯機(ワッシャー)が必要になります。

ちなみに、ストーンウォッシュ用のワッシャーで、製品染めなどを行うと、その製品の縁の部分の擦り切れが発生しクレームの対象になってしまいます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved