墨流染め

ジーンズ色いろ

墨流染め

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > 墨流染め

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

墨流染め、すみながしぞめ

abc
- スポンサードリンク -
墨流染め
墨流染め(すみながしぞめ)は、墨汁を使って水面上に波紋状の文様をつくり、これにあらかじめ薄く糊付けした布あるいは紙に転写させて着色する方法のことを言います。

転写の後は、明礬(みょうばん)で染着させるわけですが、現在は墨のほかに、ベレンス、藍蝋、洋紅(ようこう、カルミン、コチニール)、雌黄(しおう、=石黄(せきおう))、鉛白(えんぱく、塩基性炭酸鉛)などの顔料を使って墨染めが行われています。

用途としては、着尺地をはじめ、帯揚(おびあげ)、胴裏(どううら)、帛紗(ふくさ)、表装地などに用いられています。

※ 帯揚は、帯をお太鼓などに結ぶときに、形を整え固定するために用いる布
  を指しています。

※ 胴裏は、袷(あわせ)の長着の裏布のうち、裾廻(すそまわ)しを除いた部分の
  ことです。

※ 帛紗(袱紗)は、一枚物または表裏二枚合わせの方形の絹布のことで、進物
  の上にかけたり物を包んだりします。

※ 表装(ひょうそう)は、書画の保存と鑑賞のために布や紙などで、縁どりや
  裏打ちなどをして掛軸や額に仕立てることを指しています。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved