すくも

ジーンズ色いろ

すくも

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > すくも

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

すくも、

abc
- スポンサードリンク -
すくも
「すくも()」を使って染色する場合は、まず「すくも」から染液をつくる必要が
あります。

つまり「発酵建て」により染液をつくります。

ちなみに、「発酵建て」は、「すくも」に含まれるインジゴが微生物の作用によって還元されることを利用したものです。

一般的な「発酵建て」の手順は次のようになります。

 @ 「すくも」15kgを熱湯でよく練って一晩寝かせてから、瓶(かめ、
   普通270g)に入れます。

 A 瓶の六分目辺りまで灰汁を加え、続いて、麸(ふすま)500c、
   石灰水1gを加えます。

 B 瓶の中の液を、時々かき混ぜながら、30〜32℃にして保温します。

 C 毎朝1回、瓶の底のものが浮き上がるように、下から上へ、
   また下から上へとゆっくり撹拌します。

 D 3日おきに灰汁を追加し、3回で、瓶の九分目辺りまで液面が
   くるようにします。

 E 液のPH10.5〜11.0(アルカリ度)をキープしておくと、発酵がすすみ、
   染液として使えるようになります。

 F 水分をしっかり含ませておいた布または糸(被染物)を、絞ってから、
   瓶の中の発酵がすすんだ染液に入れていきます。

 G 3〜5分ほど経ったところで、一度引き上げて絞り、均一になるように
   風を通した後、再び、染液に入れます。

 H 再び、3〜5分ほど経ったところで引き上げ、堅く均一に絞って、
   日陰で乾燥(中干し)します。

 I GとHが染色の1プロセスになりますので、濃色を得る場合は、
   そのプロセスの回数を増やしてやります。

 J 染色が完了したら、しっかり水洗し、堅く絞って乾燥します。

※ 麸は、小麦を精白した滓(かす)。
※ 石灰水は、石灰に水を加えて放置した後の上澄み液。
※ 室町時代までは、保温するという知恵がなかったため、藍染めは、もっぱら
  夏場の作業でした。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved