先練織物

ジーンズ色いろ

先練織物

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > 先練織物

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

先練織物、さきねりおりもの、degummed silk fabric

abc
- スポンサードリンク -
先練織物
先練織物(さきねりおりもの、degummed silk fabric)は、「練絹織物」とも呼ばれ、織物になる前に精錬や漂白または染色した絹糸を製織した織物のことです。

これに対して、織物になった後、つまり生糸を用いて製織した後に精錬したものを「練絹織物」に対して「生絹織物」と言います。

この「先練織物」には、黄八丈(きはちじょう)、御召(おめし)、紬(つむぎ)、タフタ、甲斐絹(かいき)、銘仙(めいせん)などの織物が挙げられます。

ちなみに、黄八丈とは、八丈島で織られる、黄色を主にした縦縞(たてじま)、格子縞などの絹織物のことです。

ただ、広義には、樺色を主にした「鳶八丈(とびはちじょう)」、黒を主にした「黒八丈」も加えます。

御召とは、「御召縮緬(ちりめん)」の略で、経糸、緯糸ともに練染めした糸を用い織り上げた後、温湯(おんとう)に浸して強くもみ、表面に皺(しぼ)を出した絹織物のことで、女性用の羽織やコートなどに用いられます。

紬とは、紬糸で織った絹織物のことで、紬糸の節が織りにあらわれる織物です。

タフタ(taffeta)とは、緻密な絹の平織物のことで、低い横畝(よこうね)があり、婦人服やリボン、傘などに用いられます。

甲斐絹(海気、海黄)とは、練り糸を用いて細かく目をつめて織った平織りの絹布のことで、独特の風合いや色柄、また光沢、そして絹鳴りがするのが特徴として挙げられます。

銘仙とは、平織の絹織物の一種で、経に絹糸、緯に玉糸が多用され、丈夫で安価なことから女性の普段着、寝具地などに用いられていました。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved