ロープ染色の糊付

ジーンズ色いろ

ロープ染色の糊付

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(さ〜わ行) > ロープ染色の糊付

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

ロープ染色の糊付、のりつけ

abc
- スポンサードリンク -
ロープ染色の糊付
ロープ染色において、糊付(サイジング)加工を行う最大の目的は、製織性を向上させることです。

ロープ染色の場合ですと、この糊付(サイジング)工程が、設備的に連続していないため、分繊工程を経て行います。

工程としては、とても単純で、糸が、分繊ビームから糊ボックスを通って絞られた後、シリンダーで乾燥、そして、ロット棒や筬(おさ)を通り、織機ビーム(別名:千切(ちきり)、ワープ・ビーム)に堅く巻かれます。

この糸のながれが連続して、一つの工程となります。

作業時に注意することと言えば、まず、糊ボックス内の糊の温度を高温に保つことです。

これができないと、糊カスが、特に冬場に、織物(生地、布地)の表面にあらわれ、「生地欠点(きじけってん)」として格下げにつながることになります。

次に、注意することと言えば、織機ビームに巻く際の、その両サイドの経糸密度の度合いです。

筬(おさ)で調整して、やや高めにする方が、製織性が向上します。

なお、余談ですが、セルビッジの赤糸(赤耳用)は、この糊付け工程で入れられます。

その場合は、耳用としての白糸も同時に入れられます。
ただし、その耳糸用の白糸、赤糸には糊をつけないのが普通です。

ところで、糊のレサイプについてですが、コーンスターチ、加工でんぷん、PVAが主要な材料になります。

これに樹脂や平滑剤などを加え、「クッカー」といわれる高圧釜で炊き上げて糊とし、これを使います。

ところで、この糊のレサイプによっては、「色味」や「裏白(うらじろ)、ホワイトバック」の白っぽさが変わることがよくあります。

例えば、コーンスターチが多いと、ブルーデニムなら、その表の色が、黒味のブルーに見えるようになります。

また、平滑剤の種類によっては、緯糸への汚染もあり、その緯糸が、淡い色ですが着色し、裏白が裏色になることもあります。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved