藍澱

ジーンズ色いろ

藍澱

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > 藍澱

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

藍澱、らんでん

abc
- スポンサードリンク -
藍 澱
海外における藍染めでは、主に、藍澱(らんでん)(=藍(らんじょう))が使われています。

この藍澱は、泥藍(どろあい)から水分を抜いて固めた、藍色の堅い塊です。

一般的な中国での蓼藍を使った藍澱の製法を記述します。

 @ 開花前の新鮮な葉を水槽に入れ、上から重石をし、二昼夜放置します。

 A 気泡が発生し、発酵がすすむと、液が暗褐色になってきます。
   そこで、その液を別の容器に入れて石灰乳を加えます。

 B 激しくかき混ぜてから、沈澱を完了させます。

 C 数日間、長い水槽で放置後、上澄み液を捨て、沈殿物を取り出し、
   水分を抜いて固めます。

なお、この藍澱を粉状にしたものは古くから青色の顔料として用いられています。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved