汚染

ジーンズ色いろ

汚染

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(あ〜か行) > 汚染

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

汚染、おせん

abc
- スポンサードリンク -
汚 染
汚染(おせん)は、一般的には、公害になるような水、大気などの汚れのことを指して言いますが、染色では、本来、染着しては困る被染物や染色機械への付着などのことを言います。

例えば、デニムでいうと、裏白(うらじろ)、つまり緯糸へ汚染があれば、裏白が裏白でなくなります。

つまり経糸がインジゴブルーであれば、そのブルーの一部の染料が脱落して緯糸に付着し、本来、白色であるべき緯糸が淡いブルーに着色されてしまいます。
これが「汚染」という現象です。

これは、後処理の不備や染色レサイプの問題、あるいは糊剤の影響などが考えられますが、いずれにしても、インジゴ染色が表面染着を目的にした染色ですので、この緯糸への汚染は、ある程度は防ぎようがないことと言えます。

そのため、インジゴ染色によるジーンズ、特に、あまり洗い込んでいない製品につきましては、他の衣類などと一緒に洗うことは絶対に避ける必要があります。

なお、一般論として、汚染を防止するためには、汚染の少ない染料の選定、染色条件や後処理(ソーピング)条件の最適化、固着処理(フィックス剤)による湿潤堅牢度の向上などが必要になります。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved