西陣

ジーンズ色いろ

西陣

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > 西陣

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

西陣、にしじん

abc
- スポンサードリンク -
西 陣
西陣(にしじん)は、京都にある機屋(はたや)の町一帯を指しますが、これは応仁の乱(1467年〜1477年)のとき、西軍の「宗全入道山名持豊」が本陣を敷いたところからつけられた名称です。

ただ、この地域での織物の歴史はかなり古く、5〜6世紀のころ、朝鮮から秦氏(はたうじ)が大勢の人を率いて太秦(山背国葛野郡太秦)に移住(帰化)し、そこで蚕を育て絹織物を織ったことが、西陣織のもとになっていると言われています。

そして、平安時代に宮廷御用の織部司(おりべのつかさ)が置かれたこともあり、この地が機業地として発展するための基礎が築かれました。

ところがその後、応仁の乱による焼失、そして享保十五年(1730年)の大火、さらに天保十二年(1841年)の奢侈禁止令(しゃしきんしれい)により、何度も打撃を受けてしまいました。

しかし、その度ごとに新しい活路を開き、西陣の機業を守りぬき、そして発展させた結果、今では世界でも有数の織物産地となりました。

安土桃山時代に中国交易を通じて錦や金襴、緞子、繻子、羅、紗などの織技法を学び、また、江戸時代には鎖国政策にもかかわらず、唐糸(中国の生糸)の糸割符権(独占輸入権)を与えられたこともあって、苦難を乗り越えながらも、多くの高級織物を織り出す町になったわけです。

今でも手織の高級織物をはじめ、帯地、着尺(御召、紬)、ネクタイ地、金襴、またショール、和装小物、さらに表装地、緞帳(どんちょう)、室内装飾用の織物など、芸術性に富んだ織物が次々に織り出されています。

※ 秦氏とは、古代の氏族で、東漢氏などと並び有力な渡来系氏族です。

※ 織部司とは、律令制の下で、錦や綾などの織物や染め物の御用を司った
  役所のことです。

※ 奢侈禁止令とは、江戸幕府が士農工商を問わずに発令した贅沢を禁じる
  法令のことです。

※ 緞帳とは、舞台と客席とを仕切る地の厚い絵入り、模様入りの上下に開閉
  する幕、あるいは単に厚地の模様入りの織物を指します。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved