長井紬

ジーンズ色いろ

長井紬

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > 長井紬

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

長井紬、ながいつむぎ

abc
- スポンサードリンク -
長井紬
長井紬(ながいつむぎ)は、山形県の長井地方で織り出される平織の絹織物で、経糸に生糸、緯糸に紬糸または玉糸を使って絣柄が表現されています。

古典的で大き目の柄が多くみられ、色調は素朴で味わいのある紺や鼠、茶といったものから朱色系や緑色系を用いた新しい感覚のものが織り上げられています。

これは、もともとこの地方で農家の副業として織られていましたが、米沢藩の殖産振興により越後から小千谷縮師や仙台から藍作師が招かれ、また文化年間(1804年〜1817年)には絣の技法を取り入れるなどしてしだいに発展していきました。

そして安政年間(1854年〜1859年)には「高橋仁右衛門」が経緯絣を開発し、明治に入って絣紬として大成、「長井紬」の名で売り出されるようになりました。

※ 小千谷縮(おぢやちぢみ)は、小千谷地方で産する麻の縮織物を指します。

※ この絣紬のうち小柄のものは「米沢琉球」、略して「米琉」と呼ばれます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved