久留米絣

ジーンズ色いろ

久留米絣

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(あ〜か行) > 久留米絣

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

久留米絣、くるめがすり

abc
- スポンサードリンク -
久留米絣
久留米絣(くるめがすり)は、福岡県の久留米市を中心とした地域で織リ出されてている木綿絣のことを言います。

もともとは紺絣が主体でしたが、のちに「色入絣」も生産されるようになりました。

また、現在は、機械織りが主流となっています。

ただ、古くからの伝統技法に対しては、昭和三十二年に重要無形文化財の指定、そして昭和五十一年には伝統的工芸品の指定を受けています。

ちなみに、その伝統技法には、次の3つの条件が満たされています。

@ 手くびり(手括り)による絣糸を使用。

A 純正の天然藍で染色。

B 投杼の手織機で製織。

なお、この久留米絣は、寛政十一年(1799年)ごろ、久留米の「井上伝」という女性が考案したものと言われています。

当時十二歳だった彼女は、自分の着古した藍染めの着物が色落ちし、白い斑点模様になっていることに気づき、それをヒントに、新しい織物を織ることを考えました。

それで、糸のところどころを、別の糸で括って染めることを思いつき、それを使って織物にし、「加寿利」という名で売り出したところ、たちまち評判になり、全国に知られるようになったということです。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved