褐色

ジーンズ色いろ

褐色

 ジーンズ色いろ トップページ > 色・文様 > 褐色

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

褐色、かちいろ、かちんいろ

abc
- スポンサードリンク -
褐 色
褐色(かちいろ、かちんいろ)は、「搗色」、「勝色」とも書き、藍色としてはかなり濃い色を指して言います。

また、この色で染められた布を「褐布(かじぬの)」と言います。

ところで、藍染めで濃く染め、光沢を出すために、染めた生地を板に叩く場合がありますが、これを「搗(かつ)」といい、このような方法で染めることを「搗染め(かちぞめ)」と言います。

また、かつて「褐色は戦いに勝つことに通ずる」という意味合いから「勝色」と呼び、武士が好んで用いていました。

なお、「褐衣(かちえ)」という言葉がありますが、これは、褐色に染めた袍(ほう)のことで、平安時代から随身(ずいしん)など、下位の武官が着用していました。

ちなみに、随身とは、平安以後、勅宣によって貴族の外出時に護衛として随従した近衛府の官人のことを言います。

また、袍は、衣冠、束帯などのときに着用する盤領(まるえり)の上衣のことです。


cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved