型紙

ジーンズ色いろ

型紙

 ジーンズ色いろ トップページ > 紡織/染色加工機 > 型紙

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

型紙、かたがみ、paper stencil

abc
- スポンサードリンク -
型 紙
型紙(かたがみ、paper stencil)は、型染めに使われる模様を彫刻した紙製の型を言いますが、三重県の「伊勢型紙」がよく知られています。

歴史的には、平安時代に染革に型紙(踏込型(ふんごみがた))を使った模様染めが行われていますが、これが染色用の型紙としては最も古いとされています。

その後、鎌倉時代に、型紙を使って大紋が染め抜かれるようになり、室町時代になると、狂言衣装などに型紙を使って型染めが行われ、桃山時代には「型置師」の絵が登場。これは、当時、型紙が盛んに多用されていたことがうかがえるものです。

そして、江戸時代になると、裃(かみしも)が武士の公服となるにつれ、小紋染めや、浴衣の普及に伴う中形染めが盛んとなり、型紙の技術もさらに発達してきました。

なお、型紙を作るには、一般に、美濃紙(和紙)に柿渋を塗って縦横交互に三枚貼り合わせ、さらに柿渋を塗って乾燥させたものを使います。

そして、それに彫刻刀や突き彫り用の道具で文様を彫り抜いていきます。

また、模様により、数枚の型に彫り付けたり、脱落する部分を糸で支持した「つり型」、前面に紗を漆で張った「紗張り型」などを用います。

ちなみに、型紙の素材には、和紙以外に合成紙も用いられます。

また、沖縄の紅型染めに使われる型紙「カタカビ」は、奉書紙に沖縄産の東柿の渋を引いたものを使います。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved