ジーンズ色いろ

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(あ〜か行) > 

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

絣、かすり

abc
- スポンサードリンク -
絣(かすり)は、ところどころ擦ったような模様を織り出した織物のことを指します。

すなわち、経糸あるいは緯糸、または経糸と緯糸の両方の文様になる部分を、まったく別の糸で堅く縛って染色します。

すると、縛った部分が白く染め残ります。このような糸を「絣糸(かすりいと)」と言いますが、この「絣糸」を使って織った織物が「絣」というわけです。

ちなみに、その布面(生地の表面)に表れた文様を「絣柄」と言います。

この「絣」には、「絣糸」を経糸だけに用いた「経絣」、緯糸だけに用いた「緯絣」、経糸と緯糸の両方に用いた「経緯絣」があります。

また、組織としては「平織、斜文織、繻子織」などがあります。

なお、日本に現存する最古の「絣」は、法隆寺献納宝物の裂地「太子間道(たいしかんとう)」とされています。

ただし、国内における「絣」の生産は、沖縄からその技法が伝わってから、つまり18世紀以降となります。

それは、木綿地による藍染めされた「絣」を中心に普及していきました。
そのブランドには、次のようなものがあります。

 「伊予絣、備後絣、久留米絣、薩摩絣、広瀬絣、倉吉絣、弓浜絣、琉球絣、
 大和絣」などです。

なお、前述の「太子間道」は、絣の技法(経絣)による、五色の絹糸で織られているものです。

これは、インドから中国の絹産地であった広東に伝わる絣の技法により、「広東錦」として日本に渡来したと考えられています。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved