化学繊維の精錬漂白

ジーンズ色いろ

化学繊維の精錬漂白

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(あ〜か行) > 化学繊維の精錬漂白

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

化学繊維の精錬漂白、scouring and bleaching chemical fiber

abc
- スポンサードリンク -
化学繊維の精錬漂白
化学繊維の精錬漂白(scouring and bleaching chemical fiber)とは、化学繊維の製造より後の繊維加工工程において、繊維に付けられた紡糸油剤、紡績油剤、経糊剤、編立油剤など、また加工中に付着した汚れなどを洗浄除去し漂白することを言います。

普通、化学繊維は、天然繊維と異なり、繊維そのものの色素や汚れを含んでいないため、加工工程中で使用された油剤などの洗浄が主な目的となります。

また、経糊剤の除去につきましても、澱粉(でんぷん)が使われていなければ、糊抜きの工程を通すことなく、精錬することで糊抜きができます。

なお、精錬漂白の一般的な方法としては、合成洗剤と弱アルカリの浴中で、70〜100℃×30分程度行った後、亜塩素酸漂白を適用するか、あるいは蛍光増白剤による処理をして完了となります。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved