瓶覗

ジーンズ色いろ

瓶覗

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > 瓶覗

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

瓶覗、かめのぞき、甕覗

abc
- スポンサードリンク -
瓶 覗
瓶覗(かめのぞき、甕覗)は、藍染めされた色の中でも、最も淡い色で、覗色(のぞきいろ)とも言います。

つまり、基本的に藍染めは、何本かの瓶に浸けては絞り、浸けては絞りを繰り返して染めていきますが、その1本(一つ)の藍瓶を「覗く程度に、藍液のご機嫌を伺う程度に」、軽く一度だけ染めた淡い藍色というわけです。

染め職人によっても違うと思いますが、普通、始めの何回かは、薄い濃度の液で染め、回数が増えると、濃い液に浸けては絞りを繰り返していきます。

そして最後の1回は、一番濃い濃度の液で、一番熟練した職人が、色合わせの意味も兼ねて染めます。

ですので、この瓶覗は「淡い色を染める」というよりは、「藍液のご機嫌を伺う」という意味合いの方が強いと考えられます。

余談ですが、藍染めでも合成インジゴ染めでも、普通は、糸や布を染液に浸した後は「絞り」という作業を行います。

そして、均一に絞るということを心がけるわけですが、中には不均一になる場合もでてきます。

すると、必ず、染め斑が発生します。

これを防ぐため「絞り」の作業の代わりに、水酸化や絞らずそのまま空気酸化を行う方法にします。

但し、その場合は、絞って酸化させた色とは比べものにならないくらい薄い色になります。

また、重力の影響による移染も考慮する必要がでてきます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved