描絵

ジーンズ色いろ

描絵

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(あ〜か行) > 描絵

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

描絵、かきえ

abc
- スポンサードリンク -
描 絵
描絵(かきえ)は、古くから行われている素朴な技法で、顔料や染料を使って、筆で生地(布)に直接模様を描いたものを言います。

これを歴史的に見ると、古くは、エジプトの古代裂(コプト綴織など)、南米ペルーのプレインカの織物(木綿地鳥幾何文様、木綿地鳥動物文様二重織、木綿地鳥模様綴れ織裂、獣毛地鳥階段模様綴れ織裂など)に見られ、日本でも、奈良時代に絵模様が描かれた「襪」、室町時代に墨で描かれた「海賦裳(かいぶのも、かいふのも)」や「辻が花染め」、そして江戸時代には、墨で描かれた文様をもつ「袍」や「裃」、また顔料で彩色された「絵衣」や「波衣」など、時代と共に「描絵」の技法が継承されていることがうかがえます。

なお、「友禅染め」も、このような伝統技法を受け継いで江戸時代に生まれたものの一つと言えます。

なお、古代裂(こだいぎれ)は、断片となって残っている古い時代の染織品のことです。

襪(しとうず)は、麻布でてきた一種の足袋のことで、指の部分が分かれず、また小鉤(こはぜ)が無く紐で結ぶ形態のものです。

袍(ほう)は、衣冠/束帯などのときに着用する盤領(まるえり)の上衣のことです。

裃(かみしも)は、肩衣(かたぎぬ)と袴を組み合わせたもので、江戸時代、武士の公服、庶民の礼服として用いられていました。

絵衣(ぬきえ、えぎぬ、=うねめぎぬ)は、近世、采女(うねめ=宮中の女官)が着た表衣(うえのきぬ)のことです。

表は白の練り絹で雲に椿などの彩色をし、裏は萌黄(もえぎ)の生絹(すずし)を用いたものです。波衣(なみごろも、なみぎぬ)は、大嘗祭(だいじようさい)のとき、天皇が沐浴(もくよく)する浴槽をおおう絹のことです。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved