インジゴ染料

ジーンズ色いろ

インジゴ染料

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(あ〜か行) > インジゴ染料

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

インジゴ染料、indigo dye-stuff

abc
- スポンサードリンク -
インジゴ染料
ブルージーンズに使われる染料は、インジゴ染料(indigo dye-stuff)です。

1878年にドイツの有機化学者学アドルフ・フォン・バイエル(バイヤー、「Johann Friedrich Wilhelm Adolf von Baeyer」)によって、インジゴ色素の化学構造式が決定され、初めて人工的に合成されました。

続いて、1880年に、ホイマン (K. Heumann) によってインジゴの工業的製法が確立しました。

現在は、それぞれのデニム製造国で大量に使用されています。

また、その品質も向上し、かなりピュアに近いものができ、また水に対する分散性も良好になっています。

この合成されたインジゴ染料の前は、もちろん天然の植物である、蓼藍、琉球藍、インド藍(学名:インジゴフェラ)などから抽出のナチュラルインジゴが使用されていました。

ちなみに、このナチュラルインジゴは、今でも「藍染め」として伝統的/工芸的な作品作りに利用されています。

また北海道や徳島、沖縄などで、今でも栽培が行われています。

ところで、インジゴ染料は、藍色を染める染料のことですが、旧三井東圧がインジゴブルーとは別に、カラーインジゴを発表しています。

染法から言うと、本来のインジゴ染料とは違いますが、インジゴ染料で染めたものが持っている特徴がいくつかみられます。

また、インジゴに臭素(元素記号:Br)を付けた「ツヤインジゴRN」と「ツヤインジゴ2B」があります。

この染料は、主に浴衣の染色に使われますが、もちろん、ジーンズの「フェード色(フェイド色)、ブリーチ色」のような淡色できれい目の色を出す時使われることがあります。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved