インド藍

ジーンズ色いろ

インド藍

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > インド藍

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

インド藍、いんどあい

abc
- スポンサードリンク -
インド藍
インド藍(いんどあい)は、藍染めに使用されるマメ科の植物で、「チンクトリア種」と「アニル種」が挙げられます。

「チンクトリア種」は、古くからインドをはじめ東南アジアに広く分布し、藍染めに用いられていましたが、藍の含有量が少ないため、その後、「アニル種」が多用されるようになりました。

その「アニル種」は、「南蛮駒繋(なんばんこまつなぎ)」とも呼ばれ、高さが1〜2m程度になる灌木(=低木)で、西インドから南米にかけて広く分布していました。

一般に、「インド藍」と言えば、この「南蛮駒繋」を指し、石灰を使って「泥藍(どろあい)」をつくり、それを染料にします。

ちなみに、日本でみられるコマツナギ属には、藍の色素「インジゴ」の元になる物質「インジカン」は含まれていません。

ところで、この「インド藍」には、いろいろな別名があります。

例えば、「チンクトリア種」の別名に、「台湾駒繋(たいわんこまつなぎ)、馬藍、大藍、木藍(きあい)、南蛮藍、豆藍、小青、槐藍」。

一方、「アニル種」の別名には、「南蛮駒繋、大青(たいせい)、南蛮大青、南蛮藍、木藍、アメリカ木藍」などがあります。

但し、この別名(呼称)は、文献によっては、他の藍草と重複するものもあり、正確なものとは言えません。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved