ヒッコリー

ジーンズ色いろ

ヒッコリー

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > ヒッコリー

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

ヒッコリー、Hickory

abc
- スポンサードリンク -
ヒッコリー
ヒッコリー(Hickory)はデニムの一種で、正式には「ヒッコリー・ストライプト・デニム」といいます。

この「ヒッコリー」の呼び名は、北米原産のクルミ科の木の木肌が同じような縞模様であることから付けられています。

一般に、染色された経糸には、デニムと同じように、インジゴブルーあるいは硫化ブラックが多用されています。

ただ、ブルーにしろブラックにしろ、染色堅牢度が悪いと、糊付け(サイジング)工程、あるいは織布工程で、隣の白糸に汚染するという問題が発生します。

もちろん、糊のレサイプにもよりますが。
ですので、特に、染色レサイプには注意が必要になってきます。

ちなみに、糊付け(サイジング)工程から、染色糸と白糸を抱き合わせて加工していきますので、縞模様になるのは、織布工程の前のこの糊付け(サイジング)工程からということになります。

なお、このヒッコリー(織物)が登場したのは、1927年のこととされています。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved