羽織

ジーンズ色いろ

羽織

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > 羽織

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

羽織、はおり

abc
- スポンサードリンク -
羽 織
羽織(はおり)は、長着(着物、表着)の上に着る丈の短い外衣のことで、襟を外側に折り返し、紐を胸もとで結んで着用します。

これは当初、武士の略服として用いられていましたが、江戸時代中期ごろから紋付羽織を袴とともに用い、そして町民の男性用礼服にも用いられるようになりました。

享保年間(1716年〜1736年)以降、黒無地の縮緬の五つ紋付が正式とされ、ほかに茶鼠や紺などが用いられました。

女性が羽織を着用するようになったのは江戸時代後期、深川芸者が着用し「羽織芸者」と呼ばれたのが最初とされています。

そして明治初期には男女を問わず着用するようになりました。

なお、かつて用いられていた羽織には、普通の羽織のほか、陣羽織、打裂羽織(ぶっさきばおり)、火事羽織、また仕立てからみると単羽織、袷羽織、さらに素材や形状からみると紋付羽織、縮緬羽織、金襴羽織、革羽織、紙子羽織、広袖羽織、長羽織、短羽織、袖無羽織などが挙げられます。

※ 長着(ながぎ)は、足首の辺りまである丈の長い和服、つまり着物を指します。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved