泥染め

ジーンズ色いろ

泥染め

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > 泥染め

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

泥染め、どろぞめ

abc
- スポンサードリンク -
泥染め
泥染め(どろぞめ)は、糸や布を泥土液に浸して、黒茶色あるいは黒などに染める方法のことをいい、これは、タンニンと鉄分とが反応することによって黒色の沈殿物ができる反応を染色に応用したものです。

したがって、鉄分を多く含む特殊な泥を用います。

例えば、八丈島の黒染めでは、椎(しい)を用いて染めた後、泥染めして黒にします。

また、久米島の紬にみられる焦茶色(黒褐色)は、さるとりいばら(グール)と車輪梅(しゃりんばい、ティカチ(テカチ))で染めた後、泥染めして色を染め出します。

ほかに、福木(ふくぎ)で黄色を染め泥染めして暗緑色、福木染めと藍染めと泥染めとで濃緑色、福木染めとグール染めと泥染めとで暗朱色など、泥染めを多用して色出しを行います。

大島紬では、車輪梅(テーチ木)を使って染めた後、泥染めを行い、独特の深みのある黒褐色を染め出します。

※ 椎は、ブナ科の常緑喬木(高木)で、関東以西の暖地に自生し、大木、古木
  となりますが、主にその樹皮を染色に用います。

※ さるとりいばらは、ユリ科のつる性落葉灌木(低木)で、山野に自生し、その
  根茎を山帰来(さんきらい)といい、主に染料や薬用に用います。

※ 車輪梅は、バラ科の常緑灌木(低木)で、中部以西の海岸付近に生え、主に
  その樹皮を染色に用います。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved