デニム

ジーンズ色いろ

デニム

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(さ〜わ行) > デニム

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

デニム、denim

abc
- スポンサードリンク -
デニム
デニム(denim)は、一般に、実用的で丈夫な生地(布地、織物)を指しています。

業界の中では、厚地織物であるというイメージが強く、特に綾織物で9オンス前後から14オンス前後の生地に対してよく使われます。

また、経糸(たていと、warp)は、ジーンズならインジゴブルーを中心にした先染め、緯糸(よこいと、weft、woof)は、未染色糸かまたは晒し糸が使われるのが基本です。

ただ、上記のように、例えば、「緯糸は白糸」と定義してしまうと、最近のデニムには、緯糸を染めたものも多く出回っていますので、定義する意味がなくなってきています。

さらに、経糸に関しても、インジゴ染料を使ったブルーデニム、硫化染料を使ったブラックデニム、カラーデニム、未染色のホワイトデニムなど、デニム=ブルーという概念もまったく意味をなしていません。

ジーンズあるいはデニム業界では、このように定義することができないほど、さまざまな新しい商品が開発されていて、言い方を変えると、奥が深い世界であるとも言えます。

ちなみに、ブルージーンズに対してブルーデニム、ブラックジーンズに対してブラックデニム、カラージーンズに対して、カラーデニムと、よくいいます。

これは、アパレル業界とデニム業界(生地製造)が、ジーンズ業界の中にそれぞれ存在しているということを意味しています。

なお、デニムという言葉の語源は、フランスのニーム産のサージ生地を表すフランス語「Serge de Nimes」(セルジュ・ドゥ・ニーム)からきています。

デニムに携わっておられる方のなかには、「デニム」を「デニューム」と表現される方が、今でもおられます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved