抜染剤

ジーンズ色いろ

抜染剤

 ジーンズ色いろ トップページ > 染色・加工(さ〜わ行) > 抜染剤

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

抜染剤、ばっせんざい、discharging agent

abc
- スポンサードリンク -
抜染剤
抜染する際の抜染剤(ばっせんざい、discharging agent)には、還元抜染剤と
酸化抜染剤とがあり、それぞれ次のような染料に適用します。

@ 還元抜染剤 --- 直接染料、ナフトール染料、酸性染料、酸性媒染染料、
  カチオン染料、分散染料、反応染料などのアゾ系染料及びインジゴ地染め品
  に用いられます。

A 酸化抜染剤 --- インジゴ染料、硫化染料、塩基性染料、媒染染料地染め品
  などに用いられます。

ただ、酸化抜染剤は還元抜染剤で抜染できない場合に用いられることが多く、
これは素材を損傷させる懸念があるからです。

なお、還元抜染剤、酸化抜染剤には次のような薬剤が用いられます。

@ 還元抜染剤 --- 亜鉛末、亜硫酸水素ナトリウム 、ロンガリットC(NaHSO2
  ・CH2O・2H2O)、塩化第一錫などがあります。

A 酸化抜染剤 --- 塩素酸塩、重クロム酸塩、フェロシアン化カリウム、フェリ
  シアン化カリウムなどがあります。

余談ですが、普通、ジーンズといえば先染めです。
これは緯糸が染まっていないということを意味します。

仮に、このジーンズにハイドロサルファイトのような還元剤をアルカリ溶液で適用すると、確かに経糸は脱色されますが、同時に緯糸が染色されてしまいます。

ですので模様などをあらわす目的(いわゆる抜染糊を使った抜染)で使用するのはかまいませんが、全体を脱色したい場合、つまり緯糸を染めずに脱色したい場合はハイドロサルファイトのような還元剤は使えず、次亜塩素酸ナトリウムのような酸化剤で脱色することになります。

ただ最近、緯糸が染色されない還元剤(インジゴ染料に適用)も市販されていますので、脱色の効果は低いものの生地の損傷がほとんどないため、使用量が
増えつつあります。

加えて色もダーティになることも好まれているようです。

また、前述の還元抜染剤に「ハイドロサルファイト(亜二チオン酸ナトリウム)」を加えていない理由は、安定性に問題があるからです。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved