麻衣

ジーンズ色いろ

麻衣

 ジーンズ色いろ トップページ > 糸・織物・衣服(あ〜か行) > 麻衣

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

麻衣、あさぎ

abc
- スポンサードリンク -
麻 衣
麻衣(あさぎ)は、織ったままの麻布でつくった衣服のことを言います。

その麻は、山野に自生する丈夫な繊維をもつ植物として、古くから、世界中のさまざまな地域で衣服に用いられてきました。

日本では「魏志倭人伝」に「種禾稻、紵麻、蠶桑緝績、出細紵、緜」という一節がみられます。

これは「稲や苧麻を種(う)え、養蚕で糸をつくり、細苧(苧麻を織ってつくった布)や緜(けんめん、=真綿を使って堅く織った絹布)をつくる」という意味になりますが、3世紀の中ごろの邪馬台国ではすでに麻布や絹布がつくられていたことがうかがえます。

また「万葉集」にもしばしば麻の衣服、麻の栽培、麻の収穫について詠まれていることから、当時、すでに麻の生産が盛んであったことがうかがえます。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved