ジーンズ色いろ

 ジーンズ色いろ トップページ > 藍染・草木染 > 

     アメリカ生まれのジーンズの色 「インディゴブルー」、日本の伝統の藍の色 「ジャパンブルー」。 
   まったく異なる国で、今でも、この同じ藍色「インディゴブルー」が愛され続けています。もちろん世界中で愛されている色 「インジゴブルー」
   と言っても良いかもしれません。そこで、この度、ジーンズの歴史、藍染めの歴史をふり返りながら、これらに関する用語を集めてみました。
   また、併せて、一般的な染織に関する用語も加えています。 ご興味のある方は、是非ご覧下さいませ。
   なお、今後も引き続き更新する予定ですが、今現在は、次のような内容でまとめています。
   「ジーンズ・藍染・草木染・染色・加工・糸・織物・衣服・紡織染加工機・色」の「概要、歴史、名称、技法、特徴など」。

藍、あい、natural indigo

abc
- スポンサードリンク -
江戸時代、三草四木(さんそうしぼく)という言葉がありますが、この三草とは「藍(あい)、紅花(べにばな)、麻(あさ)」を指します。

ちなみに、四木は「桑(くわ)、漆(うるし)、茶(ちゃ)、楮(かじ=カジノキの古名)」を言います。

いずれにしても、この言葉の中に「藍(natural indigo)」があるのは、当時、商品作物として広く普及し栽培していたことを裏付けるものです。

また、江戸の紺屋町をはじめ、城下町には紺屋と名がつく町名が多く、藍染めを業とする紺屋が、日本全国至る所にあったことがうかがえます。

それ故、藍染め技法、藍の脱色法、藍染めを下地とした染色法、染織としての藍の役割などの解説書、また、藍商や紺屋の所在を記したものなど、当時、多くの書物が刊行されています。

※ 「当時、刊行された書物」 --- 萬聞書秘伝(慶安四)、紺屋茶染口伝書(寛文六)、諸芸小鑑(貞享三)、当世染物鑑(元禄九)、萬染物張物相伝(元禄)、萬宝鄙事記(宝永二)、染本帳(文久二)、女小学(享保十)、日本居家秘用(元文二)、諸色手染草(明和九)、更紗染之法、紺屋二三次覚書(天明四)、女萬歳宝文庫(天明四)、染物秘伝(寛政九)、染物重宝記(文化八)、機織彙編(文政九)、広益秘事大全(嘉永四)、染物早指南(嘉永六)、国家萬葉記(元禄六)など。

cba
- スポンサードリンク -



【目 次】

ジーンズ

藍染・草木染

染色・加工(あ〜か行)
(さ〜わ行)

糸・織物・衣服(あ〜か行)
(さ〜わ行)

紡織/染色加工機

色・文様


ジーンズ色いろ
(はじめに)





    ※ 当サイト、当サイト名、および当サイトの内容・画像等を、あたかも自分のサイトであるかのように利用・使用するのはおやめ下さい。
      もちろん、内容・画像等の複製(コピーなど)もご遠慮願います。当サイトのご利用には、人間としてのモラルをもってお願い致します。
      このサイト「ジーンズ色いろ」の全ページの著作権は、すべてこのサイトの管理者にあります。
Copyright (C) ジーンズ色いろ All Rights Reserved